バランスボールを買ってみました。

 バランスボールを買いました。

 スポーツ用品店で購入したときの商品名は、バランスボールではなくてフィットネスボールでした。

ウィキペディアにはバランスボールと載っていましたので、バランスボールと呼ぶことにしましす。

ウィキペディアによると、バランスボールは、
1963年にイタリアのプラスチック製造会社のアクイリーノ・コサーニが開発し、その後スイスでリハビリテーションのための医療器具として使用されはじめたそうです。

また、別名には、
〇 スイスボール (Swiss ball) - 由来から
〇 エクササイズボール
〇 Gボール - gymnastics(体操)、giant(巨大)、gravity(重力)の特徴から
〇 ヨガボール
〇 フィットネスボール
などがあるようです。
バランスボール.png
スポンサーリンク↓
おうちでフィットネスボール バランスボール ヨガボール エクササイズボール エアポンプ付 65cm ダイエット ボディボール フィットネス 空気入れ付き ポンプ ヨガ ストレッチ ラストダイエット 腰痛 骨盤 健康 痩せ

 わたしがバランスボールを購入したのは、よくテレビなどでバランスボールを椅子がわりに座っているのを見かけますよね。

椅子として座りながら、楽して体幹トレーニングができそうだったからです。

椅子代わりに使うことで姿勢の改善や歪みの緩和などの下記の効果が得られます。


バランスボールの効果

〇 自然と体幹を鍛える効果
〇 歪みの解消、姿勢矯正の効果
〇 腰痛改善・緩和の効果
〇 腰や股関節などの筋肉をほぐす効果

 バランスボールを使ったエクササイズは体幹を鍛えたり、股関節周辺のストレッチなど多数のエクササイズ方法がありますが、ただ椅子代わりに使うだけでも姿勢の改善や歪みの緩和などの効果が得られるのはいいですよね。

バランスボールは座るだけで、インナーマッスルなどを鍛えることができるグッズで、これがバランスボールの人気の秘密でもあるんでしょうね。


ただ座るだけでながら体幹トレーニングができます。

〇 デスクワークをする
〇 食事をする
〇 テレビを見る
〇 読書をする

などと、バランスボールに座りながら体幹トレーニングができます。


 ただし、バランスボールに正しい座り方で座ることが大切です。

バランスボールの正しい座り方は、

〇 ボールの真上にすわり、
〇 お腹を軽く凹めて、
〇 肩の力を抜いて、
〇 真上に頭が引っ張られているイメージをして背筋を伸ばす
〇 足を肩幅に開いて、ひざが90度になるように曲げる。
  (バランスボールのサイズが身体にあっていないと90度に保てません。)

このポイントのどれか1つでも守らないだけでも効果が低下してしまいますので、注意して座ります。

わたしは、バランスボールのサイズ:65cmを買いましたが、少し大きかったので、空気圧を少しすくなめにして使用しています。(バランスボールの空気圧で直径10cm程度のサイズ調整ができます。)


ただ座るだけで、ながらダイエットができるので、一番お勧めです。

できるなら日常使う椅子を、バランスボールに変えて生活できればかなりのダイエット効果が得られると思います。





この記事へのコメント